ホーム | サイトマップ | お問い合わせ | English

総合教育科目「生命科学と社会Ⅰ・Ⅱ」

生物学/生命科学研究の進展は、ミクロの生命現象や生態系のダイナミクスの理解をはじめとして、食糧・環境問題・エネルギー・医療・創薬といった様々な場面に大きなインパクトを与えています。そして、生命科学研究の進む速度は近年ますます加速しています。しかし、多くの知的恩恵と社会経済的利益を私たちにもたらすと同時に、新たな倫理的・法的・社会的課題(Ethical, Legal, and Social Issues: ELSI)を生み出してしまうことも少なくありません。そのような中で、生物学/生命科学がたどってきた歴史的経緯と現在抱えている課題を俯瞰的に見る必要性もまた高まってきていると考えられます。

そのような問題意識から、本講義では、生物学/生命科学の歴史を概観するとともに、生物学/生命科学が関わる現代社会の状況について概観し、議論を行います。加えて、生物学/生命科学の発展が社会にどのような影響を与えたか、生物学/生命科学は他の学問分野の発展や社会の変化からどのような影響を受けて発展してきたかを検討を行います。

平成27年度の「生命科学と社会Ⅰ」は平成28年2月15、16日に開講予定です。詳しくは下のリンクをご覧ください。